2012年2月 2日

FXをはじめてみませんか

スワップって聞いたことありませんか?
FXを始めた・始めてる人にはお馴染みの言葉です。
スワップとは、2国通貨間の金利差のことです。
金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買いその金利差を貰うことで利益を得る、言わば外貨売買の金利のことです。
このスワップは決済しない限り毎日受け取ることが出来ます。
為替差益で損失が出ていても、決済しない限りスワップは貰うことが出来るのです。
ここが株と違うところです。
スワップがあるからこそリスクが小さくなります。
短期取引でも決済するまでスワップは受け取ることが出来ます。
そして更に長期で持っていれば当然ながらスワップも増えていきます。
これがFXの最大の魅力です。
とは言え、スワップも相場と共に変化はします。
購入通貨によっても金額も当然違ってきますし、FX会社によっても違ってきます。
今、たっぷりのスワップを貰えるのは日本が低金利だからこそです。

ここからは、スワップトレードの税金についてお話ししたいと思います。
FXの、特にローリスクローリターンのスワップトレードに興味があるという人をよく見かけます。サラリーマンやOLをしながら、手堅い副業感覚でスワップトレードをやってみたいという人が多いですね。
ハイリスクハイリターンなスイングトレードを選ばない辺り、やはり皆さん堅実なので実際にスワップをやる前によく勉強していることが多いようなのですが、案外見落としがちなのが「税金対策」です。
そう、FXをやると税金を持って行かれるので、きちんと対策をしないと儲けがほとんどなくなってしまった、ということにもなりかねないのです。

スワップトレードの税金に絞って話をすると、FXで得たお金に関する税金は実はFX業者によって扱いが違います。
スワップトレードをメインにする人が選ぶべき業者は「為替差益、スワップポイントの両方の決済が終わるまで税金がかからない」「スワップポイントはいつでも払い出しできる」の2つの条件を備えた業者です。
私の知る限り、この条件を備えている業者は、外為オンラインと外為ドットコムです。

少し勉強してFXに挑戦してみませんか。

2011年7月26日

外国為替市場とはなにか

FXをちょっと勉強すると、外為市場、つまり外国為替市場という言葉を
よく耳にします。
市場って、一体どこにあって、どういうものなの?
というのを説明したいと思います。

まず、市場と名がついていますが、
この外為市場はすべてバーチャルな場で行われます。
そう、FXというのは全てオンライン上で行うものなので、
もちろん市場もオンライン上にあります。

このバーチャルな市場に、世界中の市場が参加しています。
各国の市場が開いている時間というのは決まっているのですが、
もちろん国と国の間には時差があります。
結果として、外為市場は24時間、いつでも開いているということになります。

FXはこの市場を通して外貨の売り買いや決済をします。
24時間市場が開いているため、自分の都合のいい時間に取引できる
のがFXの魅力の一つです。

しかし、自分が目を離している間に何が起こるか分からない、
というリスクもあります。
本格的にFXをするなら、24時間気が抜けないということですね。